えのもとさんの読書日記

読むことで、思考が広がる。考えが広がる。みなさんに新しい視点を提供します。

本を広げれば、いつでもどこでも「学びの空間」になる

待っている間の読書。

これは、至高のひとときだ。

 

スマホを触るのは、意外と同じ動作を繰り返しているだけなので、時間つぶしにはならないのだ。

その時間、本を広げて読んだら、そこは自分だけの「学びの空間」となる。

 

本は、今のように動画サービスが充実していても、最高のメディアだと思う。

 

著者の主張したいことを読み取れなかったら、読解力がないと言われるが、「私はこう感じたよ」と違う解釈を作ってもいいと思うのだ。

そうやって、著者の意図とは違う読み方のなかに、新たな発見がある。

それを、自分で研究していこうと思う。

 

動画だと、視覚的に情報が与えられるから、好き勝手に想像をすることができないのだ。

 

だが、本は自由に発想することができる。

想像力をフルに働かせて、創造力を鍛えることができるのだ。

 

こんな媒体は、他にはきっとない。

 

今日も、明日も、明後日も。

私は、本を開くのだ。